日本と同じく中国も衰退? 専門家が否定

日本と同じく中国も衰退? 専門家が否定。 中国経済の10年間に渡る発展の成果は世界から注目されている。中国は世界成長への寄与度が最大の経済体になった…

タグ: 経済 寄与度 国際機関 成長率 物価

発信時間: 2017-08-11 16:06:49 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

中国経済の10年間に渡る発展の成果は世界から注目されている。中国は世界成長への寄与度が最大の経済体になった。さらに重要なのは、中国の主要経済指標が今年に入り予想以上になり、経済構造の改善が続き、経済の柔軟性が日増しに高まり、安定しつつ前進する発展の流れがより顕著になっていることだ。

今年上半期の中国経済の成長率は6.9%で、マクロ経済の安定性が高まっている。各国の国際機関は中国経済の成長の予想値を相次いで引き上げている。これらの機関は、中国経済のリバランスが着実に推進されるに伴い、未来の経済が力強い支えを手にすると考えている。

国際通貨基金(IMF)は7月下旬、「世界経済見通し」改訂版を発表し、中国の今年と来年の経済成長率の予想値を0.1・0.2ポイント引き上げ、6.7%・6.4%とした。IMFが中国の2017年の経済成長率の予想値を引き上げるのは、今年3回目となった。

経済成長率は人々を奮い立たせており、成長の質も及第点だ。サービス産業付加価値が国内総生産(GDP)に占める比率は上半期、引き続き50%を上回り、上昇の流れを維持した。また最終消費支出の経済成長への寄与度は63.4%に達し、「3頭立ての馬」の首位に立った。

中国国家統計局が発表した最新データによると、中国の7月の物価は全体的に安定し、医療・保健、観光、教育サービスの価格が上昇した。アジア開発銀行(ADB)は「アジア経済見通し」の中で、国内消費と輸出入の成長により、中国経済の成長の見通しが明るくなったとした。住民の所得が安定成長し、公共支出が拡大を続け、国内消費状況の好転の維持を支えている。また一部の商品価格は2016年の低水準から緩やかに上昇し、さらに外需の回復が重なり、上半期の輸出入の回復が刺激された。

国際観測筋は「住民の所得水準の向上、供給側構造改革の推進により、中国の住民のサービス消費がさらに拡大される。サービス産業の経済成長へのけん引力がさらに顕著になる」と指摘した。

JPモルガン・チェースは「インフラ・不動産投資の成長率が低下し、金融デレバレッジの圧力が加わり、下半期の中国経済に一定の影響が生じる。しかし全体的に見ると、消費・サービス産業の安定的な拡張、民間投資の拡大は、中国経済の今後を力強く支える」と判断した。

1   2    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。