外資の目に映る中国の魅力 ビジネス環境が改善

外資の目に映る中国の魅力 ビジネス環境が改善。 改革開放から30年あまりで、中国は世界で人気の投資先になった。統計によると、中国の外資導入額は1兆8000億ドルに達した…

タグ: 外資系企業,ビジネス

発信時間: 2017-08-12 10:05:01 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

改革開放から30年あまりで、中国は世界で人気の投資先になった。統計によると、中国の外資導入額は1兆8000億ドルに達した。

外資系企業の参入は多くの雇用と税収をもたらしただけでなく、経済成長、産業グレードアップ、技術進歩も後押しし、外資系企業は中国の国民経済の重要な一部になっている。

また、外資系企業との往来を通し、中国のビジネス環境と投資環境も改善された。

ビジネス環境の改善 外資系企業も認める

中国のビジネス環境はどのように変化したのだろうか。中国で長年業務を行う外資系企業の言葉には説得力がある。

中国の改革開放後に最初に中国に株式会社を設立した外国企業であるシーメンスは、改革開放を自ら経験した。シーメンス大中華圏のヘルマンCEOは、中国のビジネス環境は絶えず改善され、ビジネス規則は規範化され、ビジネス管理は強化されていると話す。

米法律事務所のベーカー&マッケンジー北京事務所の賈殿安代表によると、政策において、政府は一連の調整を通して外資の参入規制、特にサービス業、製造業の参入条件を絶えず緩和した。一部分野においては外資の持ち株比率の制限を緩和し、中国事業がしやすいようにした。

1   2   3    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。