中国の多くの地域に無人コンビニが登場

中国の多くの地域に無人コンビニが登場。 レジ係がおらず、会計時に並ぶ必要がなく、24時間営業している無人コンビニが近ごろ、北京市、広東省、上海市、浙江省などにオープンしている…

タグ: 無人コンビニ,コンビニ

発信時間: 2017-08-12 10:01:29 | チャイナネット | 編集者にメールを送る

レジ係がおらず、会計時に並ぶ必要がなく、24時間営業している無人コンビニが近ごろ、北京市、広東省、上海市、浙江省などにオープンしている。全国で技術テストを行った無人コンビニは20店舗前後あるという。繽果盒子(BingoBox)は向こう1年で5000店舗の無人コンビニをオープンする予定。繽果盒子と小麦便利店は、シリーズAラウンドでの1億元超の資金を調達額している。

24時間営業、わずか数秒で会計

北京市海淀区蘇州街にある優家青年創業社区で、「新華視点」の記者は近ごろ注目されている無人コンビニを体験した。

15平方メートルほどの広さの小麦便利店の入り口で、利用者はWeChat公式アカウントで会員登録をし、QRコードで身分認証を行い店内に入る。記者は2本の水を買い、携帯電話でQRコードまたはバーコードを読み取って会計するまで30秒しかかからなかった。小麦便利店は完全な無人ではなく、当直の店員が1人いる。一般的なコンビニの店長や店員のような存在である。

記者は上海にある無人コンビニ「繽果盒子」を訪れた。この店はガラス製のコンテナのような形で、面積約15平方メートル、店員はいない。小麦便利店と異なり、繽果盒子では商品をレジの「商品識別区」に置くと商品の価格とQRコードが表示され、それを携帯電話で読み取って支払う。

客は少なくないが、会計時に並ぶことはほとんどない。利用者の多くが20~40歳の学生、会社員、主婦である。よく利用するという石さんは、「現代的で、忙しい人に適しており、24時間営業はとても便利」と話す。

1   2   3    


TwitterFacebookを加えれば、チャイナネットと交流することができます。
中国網アプリをダウンロード

日本人フルタイムスタッフ募集    中国人編集者募集
「中国網日本語版(チャイナネット)」の記事の無断転用を禁じます。問い合わせはzy@china.org.cnまで
 

コメント

コメント数:0最新コメント

コメントはまだありません。